読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

089

『やってみせて いってきかせて やらせてみる そして、褒めねば 人は動かん』

087

『他人を部下としてみるな』 社会の役割の中で主従関係はある。しかし、人は部下とはならない。常にパートナーとして対応すべきでる。部下として対応すれば部下とか育たない。対等に接すれば君を追い抜かんと優れた技量を発揮する。

086

『創ったモノは、見飽きる前に形にして公開する』 時間が立つと面白かった部分を忘れてしまう。初めてみたときの面白さを忘れてお蔵入りさせては勿体無い。外部へ公開し反応を貰い、改善するなり満足するなりして先へ進むことが望ましい。

085

『形にするまで話さない』 アイディアは形にしてからが始まる。ゴミでもいいからなにかモノをつくる。

084

083

082

081

080

079

078

077

『不完全主義』 完璧にとらわれすぎない。完璧は一日ではおきない。その日は八割でもいい。不完全でも提出していい。最終的に完璧に仕上げればよい。

076

075

074

073

『今を「充実」というか 「足りない」というか』

072

071

070

069

068

『人間は論理を理解するようにはできていない 人間は物語を理解するようにできているのだ』 Roger Schank

067

『自分の心に描く夢に向かって努力する 楼閣は空中に建てるものだ さぁ、その下に土台を建てよう』

066

『目的と方向性が無い場合 努力と勇気だけでは 不十分である』 John Fitzgerald Kennedy 当然と思うが。現場ではこれらの要素がないがしろにされていることがある。振ってきたシゴトの納期に終われ、目的と方向性がない担当。そして、シゴトを投げるだけで努…

065

『世界を変えられると本気で信じる人たちこそが、本当に世界を変える』 Steve Jobs これはAppleのように全世界を変えるような事例だけには当てはまらない。人それぞれの会社なり家族なりの小さな世界でも当てはまる。世界の変えるには大なり小なり時間がかか…

064

『説得力というのは、自然に生まれてくるものでもなければ、口先だけの技術じゃない。やはり、これが正しいのだ。こうしなくてはいけないのだ。という、強い信念なり熱意が根底にあって、はじめて生まれてくるものである。』Kounosuke Matushita

063

『人に聴いてもらう音楽として非常に重要なのはまず、自分が一番目の聴衆として喜べること。自分が感動できるものを提出していかないと。周りの人、ひいては観客に響いてない。』Joe Hisaishi

062

『色ってキレイ』

061

『魅せたい相手とは誰か』 まずは、魅せる相手、シチュエーションを定める。不特定多数ではエネルギーが散漫になる。そこで見ている相手の顔を想像することから始めよ。

060

『一人の作家から盗むと盗作だが たくさんの作家から盗むと 研究になる』

059

『無ではなく「空」を 空は完全な無と概念的に混同されやすいが 実際には無限の可能性を秘めている』

058

『リーダーの仕事は 信者を増やすことではなく リーダーを増やすことだ』 Ralph Nader

057

『必要なのは、世界に 自分のアイディアを 広めたいという思いだ』 Steve Jobs

056

『与えることは、最高の喜びなのだ』 だから独りよがりになってはいけない。相手の欲しい者を見極める。

055

『まるでやった気にさせる そして、 次は自分でやってみよう と、思ってもらう』 それが人を動かす秘訣。

053

『限界を信じるのであれば 常に1.1倍を限界に設定する』

052

『現実を観るまで 夢を語り 追いかけたって 良いじゃないか』

051

『夢は希望であり 希望は夢である』 例え人にバカにされようとも良いじゃないか。 その人には、叶えきれないのだから。 強い想いを持って追いかけても、達成できるか分からないのだから。 それでも「追いかけたい」のロマンは生きるエネルギーになる。

050

エネルギーの源を資本主義に委ねてはいけない。社会に準備させたステージに乗ることでは、社会は前にすすまない。「何か」を生み出す。ステージが作られた「社会」。そのモノに変化を与える。それこそアートではないか。

048

『自分が唯一無二であると信じきれるか』 すべての人は唯一無二である。それは大したことではない。

047

『労働時間は減らすべきだ』 労働時間と技術は比例しない。技術者というものは本当に面白いと感じることは家に帰ってでも学ぶものだ。

046

『労働時間が長いほど金を稼げる時代は終わった』

044

『もう帰ったほうが良い』 シゴトはできるだけ早く帰る。いつでも帰れるようにしておく。活動の記録を怠ってなければいつでも帰れるはずだ。それは日報であったり手帳であったりするだろう。シゴトを着実に進めるのは報告書ではなく細かい活動記録だ。

043

『先月の自分を覚えているか』 去年、先月、先週、昨日。 いつまでの自分を思い出せるか。自分の活動を記録しているか。着実に前に進みたければ日々の行動を記録せよ。それは振り返るためではない今日一歩前に進むためだ。自分を客観視することで無駄を省き…

042

『来年の自分はだれですか』 来年の自分を想像できるか?もしイメージが湧かないならば君は目標が十分でない。今の生活を変えたければ長期のビジョンを持て。ビジョンの作り方ならウェブにいくらでもある。早く動いたほうがよい。

041

『物事のストーリーを組み立てる』 一定の時間を使って、何かを魅せたいと思う時。必要なのは「流れ」であり、それは速度である。いかに微分値を滑らかにするか。いかに気づかぬ間に大きく変化させるかにかかっている。 041

あとがき

これは日記ではない。 思いを吐き出す場でもない。 自分で導いた結論を記す場である。 これは、万能な手順書ではない。 27才社会人3年生の僕に似た人のための書である。 これは、遺書ではない。 死ぬまで戦いぬくための、苦難の書である。

039

『目の前のコトは、さっさと終わらせる』 小さい経験でも、大きな経験でも 一度だけ終わらせておく。 まずは、小さい事からつぶしていこう。

038

『研究開発は、自分自身、一人一人がリーダーとなり、それぞれの目標を成し遂げるための行動に出ることが非常に重要である』

037

『環境が苦しい時こそ 自分を見つめ 自分に問う』 自分にしかできないコトはなにか 自分ができるコトはなにか 自分がいる存在価値はなにか 足りない事があるなら、今が学ぶとき

035

『相手がつまらないコトを話すのは己のせい』 つまらない事を話題にするのは、その時、それ以上につまらないのだ。 だから話そうとしてもつまらない事しかでてこない。 自分がその雰囲気を作っている事に気づいていない男に先はない。