読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

034

『平成。それは男も家事をする時代』 女性の社会進出により、専業主婦は死後になる。 今はまだかもしれないが、子供の世代には必ずそうなる。 そんな時代に生きる子供のために、今現代の父が家事をする背中を見せてないと、子供は時代に取り残される。

031

『環境に当たらない』 環境がつまらないのは自分のせい それ以外の理由は言い訳である。行動するのみ。

030

『周りがつまらない事を話しているのは そんな雰囲気にした 自分のせい』 本当に優れた人ならば、面白い話を相手に話させることができる。

029

『やるか、やらないかは ハッキリさせる』 中途半端な迷いは、周りに迷惑。

028

『シゴトのペースを落とし 着実にゆっくりと 人生を歩む』 すると家庭内で上手くいき、必死に自分を駆り立てて働かなくとも、仕事面で次々と花開く。

027

『まずは うんこみたいなモノ でも作る』 ゴミみたいなモノをつくる。それはゴミかもしれない。でも、つくり始めたことで「環境」が作られる。環境がないと何も始まらない。それはプログラムかもしれないし、ペンチを買ってくることかもしれない。長い目でみ…

026

『それが出来るということが分かっているのと それが出来るのは あなたが思っている100倍も難しい』

025

『力づくでモノをつくる』 プロトタイプはスピードが勝負。まずは動くモノを作ることが重要。モノの効率やら正確さやら精度やらの設計に時間をかけても無駄だ。本当に新しいものは動くモノを見ないと価値が分からない。価値が無いものの効率を計算しても時間…

024

『一週間で、モノを作る』 プロトタイプは一週間でつくる。それ以上は長い。一週間で作れないモノは作る技量以上のモノである。まずは勉強せよ。

023

『できない事を 試し続ければ どうすればできるようになるかを 知ることができる』 はじめは何も分からない。はじめは上手くいかない。それでもいい。それでも試し続けることで、徐々に「どうすれば」できるようになるかを知ることができる。

022

『行動力のある 人間は得をする それは自明である』 行動することに理由を求めるな。まずは無心で動けるような習慣をつけよ。理由は後から分かる。

021

『使った人の生活の豊かさの 微分係数最大化』 ユーザの生活の豊かさは日々変化する。君のサービスを使うことで、豊かさのグラフが右肩上がりになる。それがサービスの持つ価値であり、貢献となる。

019

『つくって、魅せる 魅せれば、魅せるほど シゴトは降って来る』 自分の好きなシゴトをしたければ、小さく君の技術を見せることだ。技術を持っているだけではその価値は伝わらない。技術を使って何かをつくり見せる。そこに魅せられた時に初めてシゴトをお願…

018

『若いうちは 制限が 分からない』 若い時期のリミッターがなく出てくるエネルギーを何処に向けるか。5年後にはリミットをかけるのが上手になっている。それまでにどれだけ技術と失敗を蓄えきれるかが勝負。

017

『人はコピーできないコトに 価値を見出す』

016

『人はコピーできないコトに価値を見出す』 君の考えている新しいサービスは簡単に複製できるかを一度考えるべきだ。

015

『三万円の食事をするのには四日かかる』 日当一万円程度の人間が三万円を得るには、三日必要である。そして食事をするには一日かかる。結婚式にはそれほどの時間が費やされている。

014

『人とは対面で話す』 Lineのスタンプでは真の表情は写せない。現段階では面と向かった情報処理には敵わない。

013

『疲れた。 とは まだ言ってはいけない』 もう少し。苦難はもう少しの辛抱で超える。疲れてるのは今だけだ。疲れているのは分かる。でも口に出してはいけない。

鬼十則

『摩擦を恐れるな 摩擦は進歩の母であり 成長の肥料となる』 摩擦を恐れ、避けていると、いずれ君にはシゴトがなくなることを肝に銘じよ。

012

『常に変化する事や 進化する事を目指す事は構わない しかし 常に変わらないモノもある。 それがDNAとして受け継がれ、新入りには分からない』 郷に入り郷に従うのは嫌われないためではない。言うとおりに動けというわけではない。新入りには見えないDNAを知…

011

『苦難を乗り越えると、 次の苦難がすぐにやってくる 人生とは、そのつかの間の安らぎを 楽しむためにあるのだ』 安らぎが続かないと不満を漏らしてはいけない。安らぎは続くものではないのだ。常に走り続け、苦難を乗り越える。そこに初めて安らぎが生まれ…

009

『なんとなく、駄目そう という漠然とした不安を信じるな なんとなく、できそう という根拠のない自信を信じろ』 自信は内から生まれる。努力の後の不安に心を躍らされては行けない。勝負の前には肩の力を抜いて、自分を信じることを忘れるな。

008

『空腹を選ぶ 贅沢を知る』 高級料理を食べることは贅沢だ。 しかし、裕福な国では食を抑える事を選択できるだけでも十分裕福である視点を忘れるな。

『シゴトは 利害ではなく 信頼で行う』

『シゴトは 利害ではなく 信頼で行う』 本当の価値は信頼から動き出す。

『シゴトは 利害関係ではなく 信頼関係を持って 行うものである』

『シゴトは 利害関係ではなく 信頼関係を持って 行うものである』

「打ち合わせでは 10の成果物と 90の空想で 行う」

「打ち合わせでは 十の成果物と 九十の空想で 行う」 イメージだけでは議論にならない。ゴミでもいいから具体的な『モノ』を準備する。それだけで議論は飛躍し加速する。

成果

『君は まだ なにも 創り出していない』 それを心に留めよ。

べき乗則を忘れるな

べき乗則を忘れるな 世の中の現象のほとんどは ガウス分布ではない 平均は1/2ではないと言うことだ

べき乗則に気をつける

べき乗則のもとでは 『企業間の違い』は『企業内の違い』 よりも遥かに大きい

「走れ!」

「走れ!」 走り続けろ。常に動き続けろ。 一度立ち止まっては、動き出しに時間がかかる。 その間にチャンスは逃げていく。